PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

#4 白馬2山・不帰ノ嶮・唐松岳 【9/5.6】

【第4話】


唐松山荘着いたー。。。。って
CIMG0903.jpg
唐松山荘の綺麗さにビビった。
山上にいるとは思えんくびっくりするも、とにかく休ませてもらいたかったので
休憩をオファーする。

スタッフのみんなとても素敵やったよぉ。
みんなお疲れ様お疲れ様って。。
山のプロが雨はこれで峠でもうやむだろうとの事。。。。。

では。。。。。
CIMG0905a.jpg
Sさんと祝杯!!ほんっっっとうに旨かったぁ~

そうこうしてると天狗山荘小屋で一緒だったご夫婦もびしょびしょで到着された。
昨日天狗山荘で泊った4人がここで再会しました。
でも昨夜の状況とは違い、ちょい過酷な天候の中乗り越えてきた後の4人で
これまたビールが旨かったぁ~。

CIMG0904.jpg
トイレに行く途中の廊下に。。。。救助隊の。。。。
気がまた締まったとこで、雨も止み、いよいよ皆さんとお別れする時がきます。

僕は八方に下山。Sさんはさらに五竜に縦走。ご夫婦はここ唐松山荘で1泊されます。
みなさん本当にいい思い出有難うございました

20120906_122256.jpg
帰るよ。

CIMG0906.jpg
ここからは難所はないはず。。。だけに捻挫とかの軽怪我に気をつけながら、
色々遊びながらのんびり下山しようと思う

親子三代。。みたいな家族とすれ違うんだけど、なんかよかったなぁ~。
「あとどのくらいですか?」
って聞いて、おじいさんおばあさんを支えながらゆっくり登ってた。

CIMG0907.jpg
丸山ケルンです。
んー。記憶確かでないけど、「岳」の撮影この辺でもしてたような。。。。
CIMG0909.jpg
少しずつ白馬村が見えてきた。
なんだか毎回だけど「ふっ」と寂しくなる一瞬。
帰りたくないなぁ

CIMG0910.jpg
樹林帯になってきた。
やっぱ樹林帯になると地元六甲山思い出す。
白馬は大好きだけど、六甲も好きだわ。

CIMG0926.jpg
八方池とアザミのコラボ。
ガスで白馬三山が見えないので花と白馬池の写真撮って遊びます。

CIMG0914.jpg
シモツケソウ

CIMG0915.jpg
この辺りからハクサンシャジンが溢れて本当に綺麗だったヨ。

CIMG0927.jpg
本当はこのバックに白馬三山がそびえてるんですけどねぇ~

CIMG0934.jpg
なんかちょっと頑張ったルートのあとに、まったりルートで下山するときの
時間の流れ方も結構好きで。。。。本当に遊びながらゆっくり。。。

CIMG0928.jpg
大好きな白馬連峰図があった。

CIMG0929.jpg
今年はこっちの天狗原から。。。。

CIMG0930.jpg
こっちの唐松岳まで走破できました。
もう今年はダメだけど、来年は続きをしないと。。。
五竜・鹿島槍かぁ。。。。間に男前な難所がありますわ
修行せねば。。。

CIMG0933.jpg
ガラガラ沢。。。スキーで滑ってみたいが。。。
ここは雪崩発生が頻繁やからなぁ~

CIMG0935.jpg
白馬47。 モーグル頑張ってた頃の難所ルート3.
なんか、コブなかったらただの斜面やなぁ~

CIMG0937.jpg
いよいよ終わりに近づきました。
本当にもっかい登り返したい気持ちでしたヨ。

CIMG0942.jpg
最後の景色を満喫して。。。

CIMG0947.jpg
顔疲れてるーーー。ゴンドラに乗ってまぁす。

CIMG0943.jpg
八方の兎平。兎平もコブなけりゃぁ。。。

CIMG0946.jpg
リフト乗り場の写真。
「天上の池に映る 優美な白馬連峰の息吹」
不帰やん
優美み見える現場は過酷な岩場ですけどぉ~

CIMG0950.jpg
無事下山していつもの温泉へ。

今回は人との出会い、天候、北アルプス三大キレット。
心に残るトリップでした。

これからも素敵な山と、人との出会い、縁を大切にいいトリップしたいな。



【2012.9/5.6 白馬2山・不帰ノ嶮・唐松岳 完】

| 登山:北アルプス | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。