PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

白馬岳 【2013.6.5】

久しぶりのブログ更新です。 



先月の白馬大雪渓の雪崩事故で亡くなられた方々のお悔やみ申し上げます。

本記事は白馬大雪渓の写真多々ですが、犠牲になられた方のご冥福を
僕なりに心想いながらである事ご理解下さい。





-------------------------------------

2013年3月6日 白馬唐松岳、暴風で撤退 CIMG3940_20130606154422.jpg

2013年3月13日 白馬乗鞍岳、強風・雪崩で撤退 
CIMG4014_20130606154424.jpg

2013年3月27日 唐松岳  
CIMG5123.jpg

今年2013年の白馬登山は、2回撤退・1回遂行。。と33%の確率でしたが。。。
6月5日に遂行できて50%の確率に飛躍しました  

---------------------------------------





CIMG0206.jpg
夜中にでっぱつ。。





ここから3枚ほど写真をミス操作で消去してしまった 



ので、、、


CIMG0208.jpg
いきなり出発さっ 

9か月ぶりの猿倉を出発すると、このような新緑の気持ちいい登山道から
スタートします。



懐かしさと清清しい空気に浸って、林道を前に進んでるのか?っていう
速度で歩きました。青い空見て、木々見て、大きく息吸って、、、って暫くすると

CIMG0209.jpg
小蓮華山ー登場 

小蓮華山も大好きな山。。。やっぱ白馬好きだー

って思ってたら
CIMG0210.jpg
白馬岳ー参上 

CIMG0212.jpg
いっちょ行きますか 


ここ数週間、個人的に色々トラブル多く、何かと歯車を掛け替えたいキッカケ探しに
大好きな白馬に来たわけで。。。。登山でもトラブルが降ってくるとなると
大変な事になるので、普段はそこまで気にかけないような事も過剰注意して
進む心構えでした。


CIMG0213.jpg
雪解けが激しいけど。。。水が綺麗 

CIMG0214.jpg
地元六甲山ではよくマイナールート探検に出かけたりすると
必ず出てくる堰堤ですが。。。こんなん出てきたら、巻き方どうこうも考えず
引き返して帰るわ 規模がちゃう。

CIMG0215.jpg
整備林道から白馬尻までの登山道になる所から雪が残ってました。
ここから、山上の主稜線までずーっと雪です。
途中の夏道もまだです。

CIMG0216.jpg
正面奥に行かなくてはいけないんだけど。。。。
まさか、40分で踏みぬき終了は勘弁してー。。。って真ん中駆け抜けたよ 


CIMG0217.jpg
まだ白馬尻まで到達してないけど、この雪の多さにビックリ 
アイゼンは出来るだけ奥で着けようとキックで。。

CIMG0218.jpg
白馬大雪渓では、葱平の少し上までは休憩しませんので
安全な所で自分撮りを堪能しておくー

CIMG0219.jpg
大雪渓まで遠いなぁ 

CIMG0220.jpg
やっと白馬尻に到着。。
今再建作業中でした。。。

ここからは落石ロシアンルーレットの谷に入るので、暫くは足を重くするだけやけど
ここでアイゼン付ける事にしました。

CIMG0221.jpg
こんなに小さいのになぁ。。


さぁ、久々の大雪渓に突入ぅ

CIMG0222.jpg
んぬお シール速いっ 

後続おらんかったのに、すっと抜かれて消えた。。


今回さぁ。。家出る直前まで考えてた事あってさぁ。。

スキー板担いで登るかどうかめっちゃ悩んで、結局
持って来なかった。。。忘れてたのに持ってきたらよかったーって
こん時に切に思ったヨ、雪渓がまだスプーンカットされてなかったし。。




CIMG0225.jpg
でかっ  これはやばい。

気温がグングン上がって雪質が腐り気味。アイゼン喰いにくく、ズリ滑る。


CIMG0227.jpg
さっきの大落石の滑り跡を歩いてみたら締まっててええ感じでした 

CIMG0228.jpg
杓子が見えて来たー 

CIMG0229.jpg
まだこんだけしか登ってきてませーン 

いつもは落石サラウンド炸裂のはずが、雪渓突入後1時間近く落石の音なし。
余計に気持ち悪い。

CIMG0236.jpg
杓子がだんだんデカくなってきて、迫力出てきました。

CIMG0233.jpg
また撮ってるし。。

この辺から斜度がきつく成りだします。
休憩なしてここまで2時間半。。雪質悪いし堪えます

CIMG0235.jpg
おお! 

白馬側からずり落ちて来た、木&土&雪塊。。。
近づいてみたら中に空洞あったので。。。。その中にしゃがみ込んで
オニギリ2個補給して、5分休んだよ 


大雪渓で休憩したのは初体験ん 

戦場の前線部隊のように隠れて 





休みたい休みたいって、ヘタレな記事ですいません






さすがにこの辺では、杓子側、白馬側両サイドから

「ガラガラ、、パーン」

の落石サラウンド全開です 

CIMG0237.jpg
こっから急登。

CIMG0238.jpg
歯の喰い悪いからズレて直登がシンド。ジグザクに登ります。

CIMG0239.jpg
この辺がMAX圧巻杓子岳。。ショッカーのアジトなんだよ。。。
地下にはファンファン大佐がいて。。。











うそです。  





CIMG0241.jpg
雲ひとつなかった空に雲出て来ました。。。

あぁー。。やってもた時間かけすぎた。
そらこんだけ気温あがったら雲出てくるわなぁ 

CIMG0243.jpg
大雪渓上にベンガル巻かれてる時はその通りに足運べばいいけど、
それまでは自分で簡単なルーファイ要ります。方向だけネ。

葱平付近から白馬寄りを直登したらかなり急でシンドイだけでなく滑落止まらんっぽい。
一旦杓子岳側に逸れてから、夏場にステップ切ってくれる辺で小雪渓を
白馬側にトラバースです。

トラバース入らずそのまま登れば白馬岳でなく、丸山横に出てしまいます。
まぁ。。丸山から白馬までの稜線めっちゃ素敵やからそれはそれでいいルートやと
思いますが。。。。。。更に急でキツイですよ。



しかし、小雪渓のトラバース一番緊張感あるね 

CIMG0244.jpg
うわーー。
お願いやから30分だけそのまま崩れないでーー
 

気温がすごいから気になったなぁ~。

CIMG0245.jpg
上あんなんで、、下こんなん。。  

最近、悪いことばっか身の回りに起こるから、笑われるかもしれへんけど、
廻りに誰もおらんから時間使いまくったよ。

スピッテ入れて、ストック刺して、足動かして。。。
スピッテ入れて、ストック刺して、足動かして。。。

氷の上かーー 


すいません。。。念には念を。。。で


夏のここのステップ切りルートの有難さが身に染みました 

CIMG0246.jpg
小雪渓を渡り切ると、杓子岳は姿を変えます。
ポケモンのように「天狗菱」に進化します 

CIMG0247.jpg
ここまで来たら上からなんか降ってくる事ないんだけどね。。

なんと念願の大休憩。15分も休憩したよ 

CIMG0248.jpg
頂上山荘って、頂上ちゃうねんけど、でも見えたー。。。




でも。。これ見えてからが地味にしんどいんすよね。


CIMG0250.jpg
きたよーーー。久々のセルフタイマー 

CIMG0251.jpg
ひょ、氷河遺跡のモスラーがこんだけしか出てない 

そういえば避難小屋もまだ埋まってるんやぁ。

CIMG0253.jpg
ポケモン杓子岳の最終進化形は「洗濯板」

CIMG0254.jpg
あ、、もうスキー持ってきたらよかった。。って思ってないっす 

CIMG0258.jpg
頂上山荘着いたけど。。。さっき15分休んだからスルーする。

CIMG0257.jpg
これ最後ね。。最後ガンバろ。

CIMG0259.jpg
稜線見えたー 

CIMG0260.jpg
長かった残雪も。。ここで終了です 
残雪って、最初っから最後まで雪やったけどよぉぉ 

CIMG0262.jpg
やっぱーいいなーーここ 

CIMG0264.jpg
白馬山荘。。。今日体力的、時間的に無理あったら泊ろうと思ったけど。。

んーー

山頂で考えよ。

CIMG0268.jpg
稜線から山頂までは、完全に夏白馬。
でも、このガレた「ジャキジャキ」って音もたまらんです 

CIMG0269.jpg
ですね  

CIMG0270.jpg
松沢貞逸さんに、今日の安全登山と、初夏に山友達がみんな白馬入りするって
言ってたから安全登山見守ってねー。って言ったり。。。

CIMG0271.jpg
いいねー。 

CIMG0272.jpg
んーーーー。むっちゃ遠かったからスーパー望遠でブレてしまったけど
2013初の雷鳥に満足 

CIMG0274.jpg
着いたー 

20130605_130311.jpg
今年もヨロシクー 

CIMG0277.jpg
山頂に30分ぐらい居たけど。。。誰もいないし、来ないのねーー。







ぢゃぁ。。。。






CIMG0279.jpg
こんな事したりーーー。


CIMG0284.jpg
景色眺めたりーーー。

CIMG0285.jpg
叫んでみたりーーー。



そうそう、これね。。ヘリでなくて。。
剛力の人が担いで持って来たんだよ。100kg。
しんど、休憩って言うてる自分が小さいわ 




CIMG0286.jpg
白馬岳先っぽ、杓子岳、白馬鑓ヶ岳。

CIMG0288.jpg
あ、、ヘリ。

CIMG0276.jpg
小蓮華、雪倉方面。

CIMG0290_20130606193950.jpg
右:旭岳。左:白馬鑓ヶ岳。。真ん中に立山オールスターズがいるはずが。。。。
超残念。。。。でも、自分が時間かけすぎたんが悪い。。。しゃぁないっす。 




とりあえず白馬山荘まで下ります






CIMG0292.jpg
ここ。。。

僕の中で日本一生ビールが美味しい場所
標高2832mのテラス 

つまみ? 景色です 

でも、今日は飲めない。。。車の運転もあるんだけど。。。

そじゃなくて。。。生ビールを作ってるスカイプラザが。。。
CIMG0265.jpg
内部も雪で埋まってたーー 


CIMG0266_20130606214144.jpg
今日は景色だけ。。。






ん???



CIMG0293.jpg
立山方面の雲が取れてきたような。。。。


おーい。。もう帰るよぉー。
恥ずかしがらずに出ておいでー。






ゆっくり稜線を下りながら。 


CIMG0294.jpg
も、もうちょい。。。。か

おーい。。ほんまに帰るでーー。





5分待ち。 


CIMG0295.jpg
最後の雲が動かない。。


ア、アイゼン付けるでーーー。
ええんかぁーーー。





5分待ち。 



CIMG0296.jpg
これ以上時間立ったら下山時間がなくなる。




下山開始っす。



CIMG0297.jpg
下山開始 13:57

気になるんは、雪って2時過ぎたらシャバ雪が固まってくる事。
小雪渓のトラバースまで急ごうと。。。 


ワンゲル時代の規則で雪は15:00には行動停止って。。

1時間では下山できんけど、緩斜面まで15:00に下りないと。。


CIMG0298.jpg
あ、でもさぁ。。。。今、夏には行列の出来る大雪渓に青空で独りぼっちで居る
なんていうんだろう?


時間とまってー。。。。。って感じの。。。

ちょっとここに座って1時間座りたい。。。。。って感じの。。。



地元六甲山の笹の中で少し霧かかった時に座り込む時と同じ感じがした。
それが僕の心フラットなる場なんやろうなぁ。




最近色々あったけど、山頂の景色よりこの時が今日イチ心潤った。



気がする。






あかんってー




何回も来てるか知らんけど、ここ北アルプスね。
雪固まる前に急傾斜おりな 


CIMG0299.jpg
昼のザクザク雪は変貌してて固くなってた。。。あーこわ。緊張したー。


CIMG0300.jpg
無事14:40に急斜を下山し、緩斜に来ました。

CIMG0301.jpg
登りでしんどかったのも下山してちょっとわかったけど、
例の雪崩事故の件。。

雪崩の跡からみて一部ではなく、沢幅全部流れた感ありました。

普段の大雪渓が、スキー場のフラットバーンの登りなら、
この日はモーグルコースを登る感じで
デブリ跡はないけど、凹凸が激しかったです。

CIMG0302.jpg
こんな感じ。 


でも、こんな事言っていいかどうかわかりませんが
白馬大雪渓って、メディアでは初心者コースとか、まずは大雪渓から、とか
よく見ますが、ぶっちゃけ、危険いっぱいです。



最後の最後に  えーー 

CIMG0303.jpg
下山時に撮ったこれ。。

僕が登る時なかった落石・雪崩落です。

CIMG02242.jpg
<登りの時に撮った写真>

ここが崩れてた。



CIMG0305.jpg
白馬尻までもうちょいで。。。
大雪渓終了です。




CIMG0306.jpg
林道までに、、プチ藪こぎあって。。。
なんか大好きな地元六甲思いだした。

CIMG0307.jpg
雪解け水でドロドロになったものを洗濯

でもさぁ。。。雪解け水って、、

つ、べ、だ、い、、、ねーー 



CIMG0308.jpg
次は、ウルップ草が咲きだす頃にまた来るねー 

CIMG0309.jpg
16:05 下山完了しました。





今日は本当に来てよかったです。
小さなトラブルすらひとつもない1日でした。

ありがとう









<行程記録>

7:00 猿倉
7:58 白馬尻
10:29 葱平
10:48 小雪渓
12:07 頂上宿舎
12:19 稜線
12:34 白馬山荘
12:55 白馬岳頂上
13:57 稜線より下山開始
14:17 小雪渓
15:12 白馬尻
16:05 猿倉

無題2




















| 登山:北アルプス | comments:12 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

白馬登山おつかれさまでした(^_^)

一人で、登るのって怖いですね(;´д`)

落石の石、とても大きいですね!

当たったら大怪我(◎-◎;)!!

それと、思っていたより急斜面!

スキーができるのかな?って思っていましたが、

雪崩、落石があり、とても危険ですね!


ぢんさんのブログを読んで、登山に興味が湧いてきました!

また、ブログの更新楽しみにしております(´∀`)9 ビシッ!

| たけ ばすこ だ | 2013/06/06 23:20 | URL | ≫ EDIT

たけ ばすこ だ  さん

いつも訪ブログ有難うございます。

落石は大怪我っていうより即死でしょうね(^_^;)
登りながら見るかぎり、気持ち良く滑れるのは
上部だけで、中部から下部はきっと石よけるだけの
滑走になりそう。。

もう白馬の滑走も終了な時期ですね(>_<)

登山ぜひ!僕も山スキー経験値少ないので
やってみましょう(^_^)v

また今後も宜しくお願いします。

| ☆ぢん☆ | 2013/06/07 13:08 | URL |

お、おぉ白馬に行ってたんだ。
いつもながら 日帰りですか・・・ むむむ(凄)

気温が上がる 雪解けの時期はリスクが高いので
身体の全機能レベルをhighにして行動するべし。

お天気にも恵まれて素敵ですねe-343
いい休日だなぁ (^○^)



maniys 



| maniys | 2013/06/07 21:22 | URL |

maniysさん

おはようございます。

また白馬行っちゃいました(^_^;)
体力、時間的にしんどかったら山荘泊まろうと
思ってましたが、下りてきました。

下りてよかったですよぉ。
下山して風呂あがったら
雷、暴風、大雨でした。

ほんとに、廻りに見られたら恥ずかしいぐらい
歩行ひとつひとつにも気をつけて。。
って、、お話しなくても僕のビビり具合御存じ
やと思うので、、maniysさん想像されてる通りの僕でした。

次の白馬は。。。花かな(^o^)/

訪ブロ&コメントいつも有難うございます。

| ☆ぢん☆ | 2013/06/08 09:39 | URL |

え! ひょっとして。

5日いっしょに登り始めた大阪のmasakiです。
これからブログ拝見させていただきます。
あの日は17時に長野へ帰らなくてはならず、山頂はあきらめて先に下山しました。私も高校生の時に、六甲へはよくいきました。またどこかでお会いでききればいいですね。

| masaki | 2013/06/09 00:00 | URL |

masakiさん

masakiさん

訪ブログ&コメント有難うございました。

おお。あの時の方ですか?
超スローペースの僕の近くで御苦労されませんでしたか?

葱平から直登されてた姿を見てから
最後までお会いしてないので、途中で何かあったかなぁ?
と気になってました。

あまりお話できてませんでしたが、是非どっかで
ご一緒しましょう(*^^)v

白馬にはしょっちゅう足運んでるので
またお会いした時もどうぞ宜しくお願い致します。

| ぢん | 2013/06/09 01:48 | URL |

落石にも雪雪崩にも、さらには急斜面の登下降ても滑落すること無く無事の帰還良かったです。読ませて頂いてても緊張感が漂ってきました。
でも、その甲斐あっての素晴らしい眺望を独り占めできたのはサイコーだったと思います。
お疲れ様でした。

| ピッカリおやじ | 2013/06/10 05:52 | URL |

ピッカリさん

いつも訪ブロ&コメント有難うございます。

雪渓急のトラバースは緊張しました。
一歩一歩笑われるぐらい慎重に足動かしました。

次はお花咲きだす頃行こうと思います。


お疲れ頂き有難うございました。

| ぢん | 2013/06/10 07:24 | URL |

大丈夫やろか・・・・

まぁ、私が登るのは、まだだいぶ先だから
もっと雪も氷も少なくなってきてるだろうけど
大丈夫やろか・・・・笑

落石サラウンド聞きたくないなぁ~・・・・

| 渓 | 2013/06/13 16:16 | URL | ≫ EDIT

渓さん

訪ブロ&コメント有難うございます。

みんないつ頃行かれるのか不明ですが
今月下旬には急傾斜のトラバース部分は
ステップ作られるでしょうし、雪もだいぶ
減って葱平からは夏道になるし、
コースには赤いベンガラ目印が付きます
ので大丈夫ですよ(^_^)v

でも、落石サラウンドは。。。あると思います(^_^;)

お気をつけて(^o^)/

| ☆ぢん☆ | 2013/06/13 16:27 | URL |

お久しぶりです。

この時期はまだ落石、雪崩が怖いけど・・・
大雪渓やっぱりいいですね。

私は
8月初めに、奥穂高岳に行く予定です。

そして
9月に今年も白馬縦走を計画中ですが
予算が・・・

頑張って節約しなくては(≧Д≦)

| balsa50 | 2013/06/13 22:02 | URL |

balsaさん

お久しぶりですー。

白馬な季になりましたよー。

奥穂高お気をつけてたのしんで来て下さい。

今年の白馬は八峰でしたよね。
僕は次はちょいと五竜かなぁ。

今期も白馬で会えたらいいなー

| ぢん | 2013/06/14 21:41 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。