PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

#2 白馬岳 【7/4.5】

【第2話】

ぬおっ!

寝てた 

そうそう、白馬山荘の話やった。
CIMG0819.jpg
白馬山頂から100m下の標高2832mの地点に建つ日本最古の山小屋。
収容人数1200人の大きな山小屋に、、、今夜は4人(T_T)

6帖の部屋に8人ほどが寝るのが普通の山小屋ですが、、
CIMG0100.jpg
完全に個室状態でした。荷物広げまくったろっ

食事まで時間あるので小屋の廻りを散策。
高山植物、そんなに詳しくないけどウルップソウは見ておきたいなぁって。
47.jpg

そんなこんなで山頂付近の散策してたら日が暮れてくる。
●CIMG0089
食事も終え、夕日を眺めながら缶ビールを1本飲みながら
素晴らしい今日に感謝して白馬山荘の中を歩いてたら
思いっきり僕のハートにズキュン(死語かっ)なポスターが目に入る。
●CIMG0077
衝撃的すぎた。「惚れてまうやろぉーーー!!」

格好良すぎる。シブすぎる。
このポスターの奥が「白馬岳」、手前が「杓子岳」、写真は「鑓ヶ岳」から
撮影してる。ドキドキする。これ見てるだけで30分は過ごせそう。
こっちから見る白馬三山はこんなに素敵なんやぁ。

寝よ。

寝よ。

寝よ。。。。。

寝れないよぉ。疲労と興奮と、あと寒くて寒くて、、
  

まぁ殆ど寝れなかったけど、白馬山荘お世話になりました。
CIMG0101.jpg
受付の方が西宮の方で色々親切にして頂きました。
天気は良くないけど気をつけて下山しよう。

天気が良ければ、昨夜見た写真の景色を見に行くためルートを変えようかなぁ
思うたけど、天気悪いので大人しく反対方向の栂池に下山する。

夏山シーズン終わった頃にもう一回あの写真の鑓ヶ岳に行こう。
今日は小蓮華山やね。
60.jpg
ガス濃いが幸い雨は降ってない。山頂は人おらず。
本来は綺麗な小蓮華山への稜線も視界なし。残念やけど、それより稜線の風だけ
気になった。

GWに6人の事故があった場所だけにちょっと気が引き締まる。。に加え、残雪が多い。
廻りに誰もいないし、結局、白馬大池まですれ違う人ゼロ。
追いついた人は小屋で一緒やったご夫婦のみ。ほぼひとりぼっちでした。

寂しがり屋のぢん君は小声で歌うたったりしてね

●63
ここは「三国境」って言って、新潟県、富山県、長野県の境点なんですヨ。
そして小蓮華山タッチ。
●64
あとは平和な山道だぁ。。と思ってたが、そうは行かなかった。

「残雪」

少しぐらいなら重登山靴やし、どうにかなると思ってたが
こんな細ばった稜線が数か所出てきてさぁ~
●67
こんなとこ滑落したら行方不明のパターン。
CIMG0110.jpg
ビビリのぢん君はいちいちアイゼン付ける。
外す。また付ける。。。

しかも、ストックが故障する
1本の伸縮が止まらなくなり、伸びたり縮んだり、ラジバンダリ
また言うてもた。。。。。

そうこうしてるとガスも晴れてきて
●72
だいぶ降りてきて、寂しさもマシになり、のんびりトレッキングモードに。

白馬大池が見えてきたヨ。
71.jpg
白馬大池でビール1本飲んだらなぜかストックの伸縮が直った。
まるで僕の心細さと連動してるようで、仲間意識生まれたなぁ。
78.jpg
まだ溶け切ってない白馬大池バックで。。
すました顔ですが、セルフタイマーセットして、10秒で雪の上をダッシュ
独りも楽しいもんだ。最近のテーマはいかにセルフに見せずにセルフで撮るか。

●CIMG0137
暑い。標高ってえらいもんやねぇ。
人っ子一人いないので、休憩も散らかしまくり。着替えもバンバンそのまま
わいるどだろぉ~(←これはまだ大丈夫ちゃう??)

84.jpg
乗鞍も天狗原も雪だらけ。
そうそう、やっとこの辺ですれ違う人たちが増えてきた。
面白いもんでさぁ。みんな同じ事言ってはった。

「こんにちわー」
「ここから先は雪深いですか?やめたほうがいいですか?」
「乗鞍の雪は?天狗も雪あります?」

大体この辺りのお話持ちかけられました。

時間も十分だったんでじっくりみんなに残雪状況説明しました。
結構、その格好じゃぁ???って人は居なかった。

85.jpg
いよいよ終了ですが、最後の天狗原から栂池ヒュッテ裏までに踏み抜き連発の
洗礼を受ける
86.jpg
ふっ  白馬も僕との別れが惜しいんだろぉ。
引き留めるなっ。また来るさっ。

94.jpg

怪我もなく、美しきも、寂しさも、次への興奮もすべて受けて下山。
自然と一緒になれた素敵な2日間でした。

【2012.7/4.5 白馬岳 完】





| 登山:北アルプス | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FC2 Blog Ranking