PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

加藤文太郎路 「惨敗」 六甲山(和田岬-須磨-全山縦走-甲高-リタイヤ)

加藤文太郎の足跡を実際に追いかけてみました。

結果は「惨敗」

単に全縦リタイヤレポになってしまいましたけどお許し下さいませ。


山な人はみんな知ってるんだろうけど、
山な人でなく僕のブログ見て頂いてる方のために。。。

兵庫県出身の国宝級登山家の加藤文太郎
bun21.jpg
えぇ~

本の表紙スキャンして貼り付けて、さぁ読めって?? す、すまない

そして今回の計画は ↑ の本の ↓これ
bun100.jpg

えぇ~

本をデジカメで撮って、さぁ読めって?? す、すまない


と、いう感じでイントロダクションは終了


実際その5行に記されてるのは 
無題333
↑ この地図の赤い線と青い線全部を歩いたという記録。

今回は
無題233
赤い所しか歩けませんでした

CIMG2455.jpg
夜中0:50自宅を出発 阪神高速でいざ神戸へ

CIMG2460.jpg
3回ほど下見をしてスタート地点を決めてた。
昔の寮なんてどこか分からないので、勝手にここに決めて。。
なんか三菱重工造船の正面口は近代的すぎて、、、なんか、、、

CIMG2465.jpg
車の中で出発準備です。

加藤文太郎は、方っぽのポケットに「煮干し」
もう方っぽに「甘納豆」を入れてました。

僕納豆無理なので「梅肉」にしたよー

CIMG2464.jpg
ぴったり2:00出発ですワクワク興奮してます。。。。が。。

CIMG2466.jpg
なんなんこの寒さ インナーにダウンを着るか考えだしたよぉ

手袋も雪用のやつも持ってきてたのにかじかんでた。
今思えば、先30時間の初めの1時間。。。。しっかり防寒すべきやったんやぁー
街中をなめてた。

CIMG2467.jpg
以外と須磨まで遠い

よく見かけた光景
第2位:タクシーがピっと止まって、若い女の子が下りてきて千鳥足で帰宅していく
第1位:こんな寒いのにコンビニの前でタムロしてる若い子

CIMG2468.jpg
やっと海浜公園ん。

僕にとっては1日が始まったとこなんだけど、廻りは1日を終えようとしてる
人が多く、、、、

CIMG2470.jpg
須磨水族館で記念撮影をしたあとに、座って周りのウォッチングを楽しんだ

また酔って帰ってる女の子がいた。と思ったら新聞配達が始まった。
なんか、1日の境目となるのか、3:00周辺が好きになりましたよ

CIMG2471.jpg
須磨ビーチに行ってみる

旧和田岬灯台がここにあるんです。。加藤文太郎が見てた和田岬はきっと
これなんだろうなぁ~

CIMG2472.jpg
やっと登る山が見えて来た(写真右)
しばらく波打ち際で遊びましたぁ

CIMG2473.jpg
海タッチ
これで海抜0 maniysさん提供の案でしたー(*^^)v

CIMG2475.jpg
敦盛塚のとこから。。。って本に書いてたから

CIMG2476.jpg
さぁ、こっからは全縦ぅ。
前回は大雨でしたが、今日は天気よさそうでテンションあがってます

しかし寒い・・空気が「キーン」って

CIMG2477.jpg
うーん。。。漢字の部首。。。ライフル。。。

CIMG2478.jpg
展望台でちょっと休憩&撮影。。。してたら
なぁんかアチコチ(近く遠く)で人の足跡がするねん「がさがさ」

きゃーーー

と思ったら、ほんとに人やった
須磨周辺の山の朝も早かったよぉ。このあと数々の人とすれ違ったよ。

CIMG2480.jpg
標高253m。。さっき0やったけど、ちょっと登ったよー。
ここでまたビビル

「バン!」

なにーーー

ここ人住んでるんやね。。。トイレの戸締める音やった見みたいです

CIMG2482.jpg
おらが茶屋の両脇は素晴らしく、ここも進めないんよぉー

CIMG2483.jpg
右は神戸の夜景

CIMG2481.jpg
左は満月

CIMG2485.jpg
400段階段ーー。

CIMG2486.jpg
いよいよ美しかった満月が沈みます。
予定ではこの旅の途中でまた会う事になるでしょうぉ~。またねぇ

CIMG2487.jpg
もうすぐ須磨アルプス。。

CIMG2488.jpg
栂尾山で空がグラディエーションになってきたので展望に登ってみたよ。

きれーーい

CIMG2494.jpg
そのまま須磨アルプス到着しましたー。
休憩もしてないので、ここでご来光出るまで休憩にしました。

CIMG2495.jpg
なかなか出ないねーーー寒くなってきたよぉーーー

CIMG2498.jpg
きゃぁーーー

いい日いい旅になればいいなぁ~って

CIMG2501.jpg
今日から「須磨アルプス」が「須磨岳」に名前変わりました
モルゲンロートぉぉ。。。

ここほんまに六甲山か? 来てよかったー

さ、休みすぎ。。さっさと行きましょう

CIMG2503.jpg
しーー。。。って看板もうないやん!

CIMG2505.jpg
ビックリした! こんなんあったっけ?@高取山取付前
これ夜、ヘッデンつけて歩いてる時やったら怖いやろなぁ~

CIMG2506.jpg
高取山ぁ

CIMG2507.jpg
高取山からの景色。

「孤高の人」上巻の1ページ目の1行目から出てくる景色。
雪雲いっぱいの日に加藤文太郎が見た景色とは正反対なんだろう景色でした。

CIMG2508.jpg
緑の樹林帯の中にひとつ赤く紅一点な素敵なレディがいたので撮影

CIMG2509.jpg
全山縦走大会の時に前歩いてたタエさんが撮ってたので、僕も撮ってみた。。。。
なんか食べれるとかどうとかって話してたのを思い出して、今日は思い出して一人で歩きながらにやけたよ

CIMG2511.jpg
なんか。。右足に違和感が発生して菊水山の下で休憩しました。

CIMG2512.jpg
今年何回撮ったかこの写真。。。いくよー菊水山ぁー!

CIMG2514.jpg
はい!着いた。。。。ってブログってワープしちゃうからっ
さっきの看板からここまでの過酷さは。。。。ほんとに。。すごいんだから。。

さて、こっからどんどんワープしていきますけど。。。

このワープする山々が核心の厳しい山なんですよぉ~

CIMG2517.jpg
鍋蓋山登りまーす。。。。やっぱ右足おかしい。

CIMG2519.jpg
登頂! ってまたワープ。。ここもすごいんだから。。。

CIMG2521.jpg
市が原の紅葉はまだ楽しめましたよ

CIMG2522.jpg
摩耶山の登山道からも。。。

CIMG2523.jpg
別に意味はないんだけど。。いつか登ってみたい剣岳の山頂で山頂標どう持って写真撮るか練習ぅー
こんな感じぃですかぁ?

CIMG2524.jpg
事件です!!!!

チャックあいてたぁ

いつからやろ?。。。。。まぁいっか

CIMG2525.jpg
掬星台到着!  

ここで友達のM君と偶然出会ったよ。
CIMG2526.jpg
一軒茶屋まで一緒に歩く事に。。。

CIMG2529.jpg
丁字ヶ辻。。。実はこの辺で彼らのペースについて行くのが苦痛になってきました。
右足をかばうために、歩き方を変えて左足に負担かかったようで、両足共に痛くなってきてねぇ

CIMG2530.jpg
昭和初期からの六甲山ホテル。。
今回は歴史街道ぉ~

CIMG2532.jpg
須磨ビーチの海触ってから12時間。。。こんなに登ってるけど、、786m
これが縦走の楽しさっ

もはや、正座が一番楽な座り方になってる。。。なぜかはわからないけど、休憩は正座

CIMG2535.jpg
ガーデンテラスです。。。
はぁ~。。食べたいなぁぁぁ~

CIMG2536.jpg
一軒茶屋到着。
前回と違って時間に余裕があり、ちゃんと写真撮れたよ

ここでM君達と別れる(有馬に下りるようなので)

さて、日が暮れて、単独で東六甲分岐に向かいます
両足の状況は厳し目なのは分かってたけど、塩尾寺まではとりあえず痛み維持持って欲しくてー。

この状態で下山後すぐに和田岬に向かうのは無理なのはわかってたけど、
計画変更で、宝塚の家に一泊して、状況見て仕切り直しで和田岬を目指せれば。。と
思ってたんですよね

CIMG2537.jpg
すっかり夜になってもたよ

今日ほんまにちゃんと24時間なんかぁ?って。
早かったなぁ。

さて、残り2時間半行けーー。



。。。。。。。。

15分ぐらい歩いた分岐と水無山の間ぐらい?かな?
ちょっとした段差に右足を「トン」と置いた瞬間に激痛

ちょっと腰かけて消炎鎮痛剤

すぐ効いてちょっとマシになったんですけど、周りは真っ暗で「ふ」と
考えて。。。

この先で動かんくなったらヤバいなぁ。。単独の夜一人やし。
こっから先は携帯の電波なくなるん知ってるし。
ってか、ここも入ってないし。。

そうなったらビバーグ(野営)か?
軽量化のために、持つべきもの何も入ってへんし、あ、でもツェルトあるか。
(和田岬までの一般道で眠たくなったら公園とかでくるまろうと思って持ってきた)
あかんわ。この寒波やし。

でも、宝塚まで行ければきっとどうにかなるんやけど、一泊したら明日出発できる
やろうし。。今痛みましやん。。


んーーーーーーーーー


あーーーー行きてぇーーー







東六甲縦走路分岐まで引き返すことにしました。

CIMG2538.jpg
分岐について、舗装路を下ります。

はぁ。。

なぁんか今まで向かってた目標が突然消えて舗装路歩いてたら虚しいねぇ
今日一日何してたん??的な。

よかった事を思い出そう。。。

いい景色みれたやーん。須磨岳で。。

うんうん。。

CIMG2539.jpg
見えてくる景色が綺麗なんが、また悔しくて、悔しくて、悔しいーー

だーーーーーー


加藤文太郎。。って甲山高校方面に下りたこともあるんちゃうん??とか。。。
。。。往生際の悪いぢんくん

CIMG2541.jpg
芦有道路の宝殿ゲートまで下りてきました。。

ここで「まさお君」に電話します。

今回100km、30時間の計画やったので、援護待機お願いして引きうけてくれてたんす。
ただ、全縦は自信あったので、なんかある時は2号線の夜中の可能性が多いと伝えてたのに。。

ビックリするかな。。。

「ごめん、足あかんわぁ」超情けないこの一言を正雄君に伝えたのもまた勇気やった。

はっ!

まさおくんの初登山の時に、「自分で下りられへんかったら元気でも遭難や」とか
えらそうに言うたんねぇぢん君確かにえらそうにいうとったでーー。

「自分で下りるから下で待ってて」としか言えんやん。。。。

CIMG2542.jpg
さ、山では使うことないウォークマンを持ってきてる。
2号線を歩く時に音楽聴こうと思って持ってたのを出して。。。superfly

タマシイレボリューションでズタズタな魂を改革してたら、次に「あぁあ」とか

CIMG2544.jpg
こんなとこ歩いた事ないねんけど。。。どうやらもうすぐぅ??

CIMG2547.jpg
あ。。。満月。。須磨ぶりぃー。こんな形でまた会うとはね

CIMG2548.jpg
甲山高校らへんで正雄君が待っててくれて。。。。ありがとう

家まで送ってくれて。。。

CIMG2549.jpg
和田岬に停めてる車の回収にむかって。。。

CIMG2550.jpg
ほんとっ悔しいけど、今日の僕の実力。



今回、加藤文太郎の背中は見ることできませんでしたが、
加藤文太郎を追いかけてひとつ再認識というか実践で教わったものが一つ。

真っ暗闇の中で一人ぼっちで足痛めてて行くか戻るかの状況。
「単独行」のリスクの1例と選択を教わったかも。。。。


今回思い当たる箇所の対策をしっかり反省して
身体が万全になったら必ずリベンジしたいと思います。



あと、まさお君有難う。。










| 登山:六甲山 | comments:8 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

先日お会いした時に今回の企画を実践すると聞いて関心しておりました。

結果的には予定していたゴールとならなかった様ですが
真夜中からのスタートですか
いやぁ、凄いよ~頑張りましたね 感動しました。

忠実に煮干しを行動食にしているのが渋いです!

エアーサ〇ンパス 私も必需品のひとつです。
いつも黒ラベルを愛用しています 効能も青ラベルと比較すると高いみたいですよ 値段も高くなりますが・・・。

100km30時間は全縦の倍かぁv-356 
私にはとても無理です 膝が幾つあっても足りません (苦笑)

海抜0m 海タッチ!はいいねv-363v-290
深夜のコンビニ、モルゲンロート、見慣れた縦走路・・・

ドラマチックなレポありがとう御座いました。







| maniys | 2012/11/29 21:23 | URL |

 加東文太郎の足跡をたどる、
スゴイことを思いつきましたねぇ!  
それもこの寒い季節にトライするとは…驚きました。
結果的に途中断念となったようですが、ヒザの痛みをおして
東六甲縦走路に入って動けなくなったら大変でしたから、
懸命な判断だったと思います。

夜中の2時に出発とは…
私には真似できません、参りました。

| ピッカリおやじ | 2012/11/29 22:02 | URL |

maniysさん

深夜発にしたのは、大会でないので、単独行できるだけ
山中での暗闇歩きを少なくするためで。。
スタートの和田岬から須磨までの2時間近くがどうしても
弊害でした。。

煮干しは初めて携行したけど結構イケてました。
ただ、すぐ飲み物飲みたくなるのが欠点でした。

モルゲンロートなんて六甲で見れると思わなかったです。
かなり感動しましたよぉ。
早く北アルプス行きたいーー(^o^)/

今回はお粗末な結果でしたが、しっかりしっかり
計画とトレーニングとイメトレしてリベンジの機を
待とうと思ってます

最後まで読んで頂きありがとうございました。

| ぢん | 2012/11/30 09:58 | URL |

ピッカリおやじさん

いつも有難うございます<m(__)m>

加藤文太郎も冬なので、寒い時にもこだわりたい感じです。

賢明な判断かどうかは分りませんが
もう少しってとこでは本当に決断がツラくて(>_<)
もうこの道降りたら。。。なのに。

加藤文太郎氏に単独行の決断力の必要さを
教えて頂きました。
なんとなくはわかってたつもりでも
こんなにキツい決断と思わなかったですう。

必ず絶対リベンジしますのでまた見守って頂ければ
励みになります。

ピッカリさん、今回も最後まで
読んで頂き有難うございました。

| ぢん | 2012/11/30 10:13 | URL |

お疲れ様でした*(^o^)/*

改めまして・・・
お疲れ様でしたっ!

全縦の時には見られなかったモルゲンや日の出を、ぢんさんブログで見られてうひょー!でしたよっ!

チラリと登場までさせてくださり、ありがとです!

さー、ぢんさんは私のブログでどのように登場するのか?!
お楽しみに(^m^)

この週末は、すぬこが関東に来てますおー。

| tae | 2012/11/30 23:49 | URL | ≫ EDIT

タエさん

天気のいい須磨アルプスは須磨岳でしたよ(^o^)/
またこちらくる機会あれば是非訪れて下さい。

>チラリと登場までさせてくださり、ありがとです!
なんか色々全縦の時の思い出がフラッシュバックして来て
ずぅっと懐かしさと一緒に歩いてました。

>さー、ぢんさんは私のブログでどのように登場するのか?!
えーー。ほんまに登場するんですかぁ?
顔出しも写真パクリもOKなのでご自由に。。
って。。まさかぢん特集ではないですよね(^_^;)
チラリ登場やと思ってますが。。。(^_^;)

「全縦時間ぎりぎり、文太郎路失敗の兵庫で見つけた
ヘタレぢん君」

ぐらいでよろしくー(^o^)/


タエさん最後まで読んで頂き有難うございました<m(__)m>

| ぢん | 2012/12/01 09:58 | URL |

ヤマレコからきました^^
文太郎路惹かれます。先日、文太郎さんの記念館(浜坂町)行ってきましたが、やっぱすごいなーって思っちゃいます。
全山縦走もまだですけど、機会あったら行きたいですね~
成功するように願ってます。失礼しました。

| なつ | 2012/12/09 08:22 | URL |

なつさん

訪ブログとコメントほんとに有難うございます。

浜坂の記念館まだ行ってないんです(>_<)
是非行ってみたいと思ってます。

六甲周辺にご在住でしょうか?
東六甲を平日うろうろしてますので
見かけたら声かけて下さい<m(__)m>

>成功するように願ってます
本当に有難うございます。
文太郎路には熱い思いがありますので
天候、体の調子、仕事の休みがビンゴする日に
リベンジしようと思ってます。

>失礼しました
とんでもないです。
文才もなく、くだらない事しか書いてませんが
お時間ゆるされる時にまたお越しくださいませ<m(__)m>

有難うございました。

| ぢん | 2012/12/09 09:40 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。