PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

六甲山(大藪谷東尾根・芦屋川本谷) 【2012.10.10】

今日も全山縦走大会のトレーニングと思ったら、子守の事情で3時帰宅要なので
久々に散策しようかなぁって。

ちょっと難し目のとこ希望やったけど、ルートファインドに時間かかって
タイムオーバーになる事を懸念して、、、、最適やったのが
芦屋川の最後の1滴を見に行こう。。。って。

そうそう。マー子山デビューです

尻の時間が決まってるので、盤滝まで車で行きました。

CIMG1300.jpg
大藪谷から入山しますよー。

CIMG1302.jpg
右が大藪谷メイン。
「大藪谷東尾根」ってどこのことを言うのか。。
東にお尾根は3つあるんだけど、今回はメインに一番近い東尾根。。。左に取り付きます

テープとか1個もないけど、大きな岩が目印で、踏跡はしっかりあります。

CIMG1303.jpg
この岩です。
では、明るい尾根歩きを満喫しましょう。

CIMG1305.jpg
後にも先にも今日の展望ってここだけ。
地形図の463ピーク周辺です。

CIMG1306.jpg
尾根登ったら、マイナー散策ルートいっぱい。
正面行けば観音山方面なので、ここで西に進路を取り奥池方面へ行きますよー。

CIMG1307.jpg
メインに出合い、奥池方面へ(左)

CIMG1308.jpg
奥池だーーー。

CIMG1311.jpg
視界に入ってくる色が殆ど「青」
気持ちよかったなぁ~。やっぱ六甲山好きだい

CIMG1312.jpg
さぁ、芦屋川本谷に取り付こうとするんだけど、道間違えた。
正面の下は谷なんだけどなぁ。。職業柄、ちょっと踏むなんてできないし。。。
って、立りずさんでたら、所有者の方が出てきた。

N:「おたふく山行くの?」
僕:「いえ、芦屋川登ります」
N:「おたふく山の事?」
僕「(T_T)」

どうしてもお多福山に行かせたいらしい(T_T)

僕:「有難うございました。おたふく山はあっちですね」

めんどくささをこの一言で終わらせてしまった(T_T)

さて、右岸へ。

えーーーーないやん。って思ったここ。
草の向こうから下りれそう。

CIMG1313.jpg
良く見つけたぞーー。マー子ぉーーー。
テープも何もないけど、藪掻きわけて奥に踏み跡発見。ここやな

CIMG1314.jpg
強烈な雲の巣に、50mでもう引き返そうと思ったけど。。。
1つ目の堰堤が出てきた。
天候いいし、散策しようよ。。。マー子(T_T)

CIMG1315.jpg
取り付き、出合い周辺はこんな事多いやーん。。とか言いながら帰ろうとするヘタレぢん君に
言い聞かせる。まぁ、単独やし、明日から旅行やし、怪我せんように一歩一歩慎重に蜘蛛の巣
巻きながら川詰めます。

CIMG1316.jpg
当たり前やけど、堰堤巻きはしんどい。
ここではそうでもないけど、この谷は堰堤多いので、体力配分考えゆっくり行きますヨ。

CIMG1317.jpg
不明瞭なルートに突如現れるスプレー。
アルプスのメジャールートかぁ。。って笑いながら、なぁんか寂しくなる自分。

CIMG1318.jpg
堰堤ーーー

CIMG1319.jpg
高巻く。

CIMG1320.jpg
この堰堤きっついし、めちゃ高巻く。急登。

CIMG1321.jpg
おっ。目印あり。
高く巻きすぎて不安やった(^O^)/

20121010_111704.jpg
あ、滑落は終了です。帰れません。お気をつけて。

CIMG1322.jpg
このスプレー。。。ちょっと腹立つ

白いキノコにスプレー吹いてたし、矢印も草木巻きこんで書いてた。
相当気分悪くなりました。
巻き方誘導に狂いはないから山関係者なんだろうけど、信用しない事にして
地形図と青いテープだけ見る事にした。

CIMG1323.jpg
でた。測量士やん
僕の仕事パートナーで素晴らしい測量士多くいるので、測量士と言う業種で悪く言うつもりは
全くないけど、尊敬する測量士が廻りに多いだけに、行政の仕事してるこのスプレーマンに
相当腹立つ。
この境界標全部持ってあがって捨てたろかと思うたが、、、、、重かった^^;

大変な仕事だろうけど、自然を潰して目印するなんてナンセンス。
わかってね。

CIMG1324.jpg
あさ、次々。

CIMG1325.jpg
自分のロープで下降しようとしたが、意外としっかりしてたのでお世話になりました

CIMG1326.jpg
芦屋川がここで二股になる。
左が本谷。どないする?どう巻く?滝のすぐ右から巻きます。
って、巻いてるのか?結構ハード。
でも、ここの雰囲気秘境っぽくてよかったなぁーー

CIMG1328.jpg
行くでーーー。って顔疲れてるね。
ここまで休みなし。そろそろ疲れるわなぁ。。

CIMG1329.jpg
滝の上、巻き終わってから。

CIMG1330.jpg
ちょっとセルフタイマー。
静かやったなぁ。。。せせらぎの音しかない。

CIMG1331.jpg
滝の後に、また堰堤かっ。こっからも数個の堰堤巻きを頑張ります

ここで、まず 「バキバキ」って音がした。

ん?先行者?って思ったら次に

「バキ、バキ、ダダダダダダ」って。。。

???

気づいたら斜め左方向から小さめなイノシシが突進してくる(T_T)

「はぁ???」

廻りみて右後ろに大きい木があったからその後ろへ走って隠れるーー。

速ぇーーー。

突っ込んで来た時はこの木登る準備するが。。。スルー突進でした

写真ありません。。どんなとこでも写真撮ってきたけど、思いすらしなかった。

びびったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

CIMG1332.jpg
気を取り直して次の堰堤。。。

「素敵

直進できる。なんのための堰堤だ??岩と流木止め??その割には何もひっかかってないんですけど。。

CIMG1333.jpg


倖田來未。。夢のうた。。。どんな歌だっけ???何この目印??

CIMG1334.jpg
頑張れマー子。登りなさい。

CIMG1335.jpg
ふぃえーーー。もうそろそろにして頂けませんかぁ~

CIMG1336.jpg
おっ。笹増えてきましたねー
山上近いな。

CIMG1337.jpg
ここが芦屋川の最後の1滴かっ

CIMG1338.jpg
ルート間違えてなかった(T_T)
右下の笹から登ってきて、水場が突如現れました。

CIMG1340.jpg
いつも安全に六甲山登山させてもらって有難うございます。

CIMG1341.jpg
さぁ、最後の急登頑張って、

CIMG1342.jpg
山上到着です

CIMG1343.jpg
石の宝殿様。素敵な時間有難うございました。

さぁ。下山yo。

CIMG1344.jpg
ガンガン下りますー。

CIMG1345.jpg
ドンドン下りますー。

CIMG1346.jpg
大藪谷メイン入りました、バンバン下りますー。

CIMG1347.jpg
グングン下ります―。

CIMG1349.jpg
登りの時の分岐まで下りてきました。
あぁあぁ。今日も山終わりかぁ~

CIMG1350.jpg
無事下山完了です。

CIMG1351.jpg
盤滝に停めてた車で帰宅です。

無題2
今日のルートです。
最後まで見て頂けた方有難うございましたー(^O^)/

来週は山お休みです。




| 登山:六甲山 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

毎週いろんなコース探して登ってますねー!
またご一緒させて下さい。
旅行楽しんで行ってきてくださいね!

| まさお | 2012/10/11 11:10 | URL |

まさおくん>

ほんっとたくさん歩けるとこあるよぉ。
今度行こう!

ちょっと1週間ほど遊んできますけど、
帰ったらちゃんとトレーニングするからねぇ~(^_^)v

| ぢん | 2012/10/11 13:59 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。