PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

六甲山(地獄谷・山頂)【2012.9.26】

左足首が関節炎で引きずるぐらい痛かったのに、すっかり痛みが消えました。

夜中1時にJrの寝小便で目が覚める。
なんで瞬時に時計見てそんな発想が出たのか

「大雪渓やったら日帰りで白馬岳の景色見れるな」

一瞬で浮かび上がって、んで一瞬で大変さに消滅
そしてまた寝る。。。

何事もなかったように予定通りの六甲山に出かけました。

ぢん君のリハビリ六甲登山はじまりはじまりー

「芦屋川にそっての広い道を歩いて行って、やがて住宅街をはずれて山道に入ると
川のせせらぎは近くに聞こえてくる。そして間もなく、せせらぎが滝の音となる辺りの
滝壺のほとりにお堂がある。」

。。。ってこんなかっこいい文章僕が書けるわけないっしょ

新潮文庫 「孤高の人」 上巻 120ページ抜粋。。。(*^_^*)
CIMG1054.jpg
↑ここのことね。。。加藤文太郎と同じ気持ちになってみようとするが。。。
イメージが浮かばず。。。学のない僕は先へ進みます。

CIMG1056.jpg
いつもの芦屋地獄谷です。。。
本当は中央尾根登るつもりでしたが、まだ暑かったので谷に逃げました。
涼しいんだけど、ヘルメットないわぁ。

CIMG1058.jpg
登りますよーー

CIMG1061.jpg
どんどん登りますよーー

CIMG1062.jpg
ガンガン登るよーー

CIMG1059.jpg
今日の地獄谷は最高に涼しく気持ちよかった。
あ、そうそう、この辺で一人先行者いてはったなぁ~。
ひょいと岩登って出てきたら若干ビビってはったけど、、僕のほうが「わ」って
ビビりましたよ。

20120926_104847.jpg
いつもの写真。。。まぁ写真で初めてわかるけど。。
防水のいいパンツだこと。。。

CIMG1065.jpg
今日はリハビリなので、地獄谷の遡行はせずに小便滝から(途中から)谷を抜けました。
そしてAケン垂岩。。。。

CIMG1066.jpg
登るよ。。。。。。。。。。。。ってまさかぁ
ここは道具なしでは危険です。。。これはちょっとした洒落で少しだけ登ってみただけです
あと、もしかして半ケツ???って感じで面白い写真だったので。。アップぅ 

CIMG1067.jpg
でも、巻いてAケンには登ります。。。実はBケンも、Cケンも岩尾根も全部いってるけど
Aケン上だけ立った事なかったんですぅ~
この上がAケンピーク。。。景色が待ってるよぉ~

CIMG1069.jpg
よっしゃーー。びゅーてほぉーー。

CIMG1071.jpg
六甲山最高だ――

CIMG1072.jpg
少し上に登って撮った写真。
さっき立ってたAケンピークはここでした

CIMG1076.jpg
ややこしい話はしませんが。。。。この写真。。。。
セルフタイマー10秒で撮った写真。。と言えば
この写真の凄さわかって頂けますでしょうか?

20120926_115542.jpg
風吹にはなんと。。。。山ガールが超沢山で、緊張して、右足と右手が一緒に出る
色々な人が写真の撮り合いしてたけど、小心者の僕はさっさと自分の携帯で写真撮って
この場を去ります。。。。おおおお。。。。情けない。。撮りましょうか?的な
山ガールの視線がまた恥ずかしく、ちょい早足で風吹岩を去ります

CIMG1078.jpg
木々、鳥、植物とできるだけ対話しながら。。。ゆっくりと。。。

CIMG1083.jpg
確実に六甲山には秋が訪れてます。
今日は本当に全然しんどくなく、七曲り(最後のちょっとした急所)も休むことなかったヨ。

あ、でも、一軒茶屋まで10分ぐらいの所で女性の中高年者が立ったまま止まってた。
僕の追い越し待ち?と思ったが、ちょっと変。
足つってはった。
座ってもらって、色々お話して動くまで休憩も兼ねて一緒に居させてもらいました。
いざん時上まで走れるし。。。。とおもってたら15分ぐらいで復活されてました。
よかったぁぁ
京都から単独で来られてました。

んで、山頂付近からは。。。
CIMG1088.jpg
だーーーん。何回見ても飽きません。

CIMG1087.jpg
何回踏んでも楽しい場所。
山頂写真だいぶんたまったけど、全部このポーズで特集にしても面白くないねぇ~


帰るよ。

CIMG1089.jpg
帰りは縦走路で帰ります。
縦走大会の練習はするつもりないですが、、、家への近道なので。。

CIMG1090.jpg
もはや縦走路もマイナールート並みな状態になってた 
しかし、この時期の縦走路ってすごいねぇ~。

何人に抜かれた??

たぶん縦走大会の練習でなく、キャノンボール大会の人達っぽい。
全員走ってたし。。。

「だっ、だっ、だっ」

って後ろからの音怖いんですけどぉ~~

CIMG1094.jpg
太平山のいつものとこでいつものゲッツ!

CIMG1095.jpg
でもマイナスイオンたっぷりでのんびりリハビリですよ。

CIMG1096.jpg
もうちょいで家ねーーー

CIMG1097.jpg
裏山に下山して終了です。
今日は本当に気象の心配なく、快晴で自然と一体になれ、身体も脚も
心地いい疲れ具合で最高でした。
見慣れまくってる光景も自分の気持ち次第で見え方も変わりますよねぇ

次はそろそろ全山縦走大会のトレーニングせなね



| 登山:六甲山 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

FC2 Blog Ranking
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。